製品情報・サービス
Products・Service

製品情報・サービス

培養装置

サタケでは、豊富な撹拌実績と優れた研究・開発及び数値計算能⼒を基に、培養分野における最適な商⽤⽣産機・産業化を果たすべく、ラボ⽤の⼩スケール〜PILOT機〜⽣産機の⼤スケールまで、⼀貫したご提案を⾏います。
このため、お客様のご仕様に沿ったカスタマイズ培養装置をご提供させて頂きます。
この取り組みは、商⽤⽣産機において他の追随を許さないサタケならではの特徴と⾔えます。
ご⽤命の⽅は、お気軽に当社バイオ事業部⾨までご連絡ください。

バイオ事業部門連絡先  Mail:   TEL:048-444-7721


産業化・商用生産・スケーラブル化の実現

当社独⾃開発の⾼性能撹拌翼・撹拌⽅式を兼ね備えた装置群が特徴です。
当社の培養装置は、対象スケールに依存しないスケーラブルを実現します。
撹拌装置のスケールアップは、⾮常に難しいテーマです。培養分野でも同様で、ラボスケールでのコントロールの培養成績が、⽣産スケールで達成できないとのご相談を多く受けます。
これは、研究段階でのラボ⽤培養装置と、商⽤⽣産機の装置条件、培養槽内の流動作⽤、物理適応が異なるためです。⽣物を対象とした場合、単純にPv値(単位体積当たりの消費エネルギー)では達成できません。
実験⽤のラボ機と、商⽤⽣産を⽬指す培養措置は、⼀貫した専⽤装置開発が求められます。
当社培養装置は、実験⽤ではなく商⽤⽣産を検討する⽬的で⼒を発揮します。受託培養槽数値計算、受託検討培養もお受けしております。ソリューションのページをご覧ください。

対象スケール

微⽣物培養・植物性培養 1L〜3000kL(それ以上も製作可)
動物細胞培養SUS Reactor 0.1L〜15kL(それ以上も製作可)
動物細胞培養SUB Reactor 0.1L〜200L(2020年現在)
再⽣医療ガラス製 Reactor 0.1L〜50L
再⽣医療SUB Reactor 0.1L〜200L(都度カスタマイズ対応)

何れのスケールも⽬安であり、ご要望に応じた仕様にお答えします。

オールインワン・スケールアップ検討キット

ラボから産業化・商⽤⽣産を担う当社ならではの“オールインワン・スケールアップキット”をご提供いたします。
標準キットで500mL〜10L、オプションで200Lまでのスケールアップ検討が可能です。
尚、こちらの構成は、お客様のご要望に応じ、様々なバリエーションが御座います。
まずはお問い合わせ頂き、仕様を決定の上で、カスタマイズ・お⾒積りを⾏います。
お客様のご要望に沿ったオールインワンスケールアップキットを、是⾮ご検討ください。
お問合せはバイオ事業部⾨までお願いします。

100mL〜10Lスケールアップキット

100mL〜10Lスケールアップキット(S-BOX付き)
オプションで200Lまで追加可能


植物性・微生物細胞培養 HSF Reactor

植物性・微生物細胞培養 HSF Reactor

HSF Reactorは、比較的粘性の低い微生物培養や植物系培養、粘性が高く非ニュートン性を示すカビ系培養、大腸菌系の培養など、対象となる細胞や菌体が比較的剪断性に強く、更に要求OTRが高い培養系を目的としたジャーファーメンターです。標準で高効率タービンHS100/高吐出軸流翼HR100が付属し、培養コントロールを行う制御装置S-BOXシリーズを組み合わせることで大容量へのスケールアップを目的とした最適化が可能です。また、オプションで冷却用のチラーを付属し、実機に近い伝熱コイルタイプを採用することで、より実機に近い条件としています。撹拌装置専門メーカーで、国内唯一の撹拌技術専門の研究所を有している当社の特徴として、最終的な実機の最適化を図る上で、内容物の物性値に応じた装置のカスタマイズも可能です。


微生物培養・植物性培養 HSタービン

スーパーミックスHS100タービン

スーパーミックスHS100タービン

HS100タービンは、気-液撹拌の目的に最適な撹拌翼です。翼の液流動化作用と強い吐出場でのせん断・破壊作用を分けて考え、これらの作用を効率的に得る為の流動状態について検討しました。低動力で翼の揚力により流れを集中させ、吐出場の圧力勾配・変動を利用して強いせん断・破壊作用を生み出します。本作用により高いガス吸収性能・要求OTRを達成します。最大実績容量は300kLです。

スーパーミックスHS124ND,134ND タービン

スーパーミックスHS124ND,134ND タービン

HS124ND/HS134NDはガス吸収性能を更に高めるために開発された高ガス吸収性能を持ったタービン翼です。上下それぞれの翼が、有効な吐出作用を有しており、更に高いガス吸収性能・要求OTRを達成します。最大実績容量は200kLです。

SATAKE Sparger

SATAKE Sparger

Satake Spargerは、通気されたガスがせん断場である翼近傍を通過するように、ガスの吐出方向に検討を加えました。また、リングに静翼を取付け、流れの速度勾配を大きくすることでせん断・破壊作用を向上させています。
さらに、静翼は吐出作用を強化する効果もあります。これらの作用により、ガスを効率的に分散させます。

大型培養槽実績

弊社では、小型から大型まで、多くの培養槽への納入実績を誇っています。ここ最近での大型培養リアクター納入実績一例(100kL~300kLクラス)をご紹介します。
培養槽を同時にご要望の際は、協力タンクメーカーとの共同対応となります。
【モーター動力】
 ・600kW ・480kW ・130kW
 ・490kW ・470kW ・110kW
 ・485kW ・430kW ・90kW  etc.


大型培養槽実績


動物細胞培養・マイクロキャリア培養 MRF Reactor

動物細胞培養・マイクロキャリア 装置 MRF Reactor

MRF Reactorは、実生産やスケールアップを目的としたラボ用培養装置です。実設備で重要な” 洗浄性に優れたシンプルな形状“ に加え、優れた混合・均一性能を発揮する『培養専用インペラMR210Bio』を標準装備し、スケールアップの際もラボスケールと同様の培養結果を再現できます。また、液面変動(フェッドバッチ培養)に対応し、あらゆる液量でも変わらない撹拌性能を発揮します。1.5L の小容量から20,000Lの大容量まで対応可能です。
専用コントローラー『S-BOX×10αⅡ』により、DO、pHの制御が可能です。また、アナログ出力をデータロガーに入力し、記録することができます。


連続培養(動物細胞培養・藻類バイオマス・再生医療分野)
MRF-RB Reactor

連続培養(動物細胞培養・藻類バイオマス・再生医療分野)MRF-RB Reactor

MRF-RB Reactorは、高性能撹拌装置として開発され、最大3000tonクラスのバイオマスリアクターに採用実績を有する低剪断型高効率撹拌システム” サタケ スーパーミックス®RB Mixing System” を搭載したバイオリアクターです。
境界層効果と、竜巻の原理を応用した次世代型のミキシングシステムであり、低剪断・低動力にて優れた均一分散性能を有しており、液面変動のない連続培養を基本とする培養条件であれば、藻類培養に限らず動物細胞培養、再生医療分野での培養に最適です。極めて容易に大型化も可能であり、研究段階から実機に向けた生産検討に最適です。
別途、シングルユース化等のカスタマイズにもお応えいたします。


再生医療・剪断耐性の低い細胞 VMF Reactor

再生医療・剪断耐性の低い細胞 VMF Reactor

VMF Reactorは、優れた混合性能と穏やかな撹拌を両立した上下往復動式の次世代型の往復動培養撹拌装置です。一般的な回転式と異なり、シビアな剪断力のコントロールが可能です。また、複雑な回転軸シール機構が不要で「完全密閉構造」を実現しました。コンタミや漏出の危険もなく無菌・クリーン性が高いものとなっています。専用コントローラ『S-BOX×10αⅡ』により、DO、pHの制御が可能です。また、アナログ出力をデータロガーに入力し、記録することができます。
尚、本機はカスタマイズにより8連機まで対応します。


再生医療・剪断耐性の低い細胞 VerSus Reactor

再生医療・剪断耐性の低い細胞 VerSus Reactor

VerSus Reactorは、VMF Reactorと、極めて均一性の高いマイクロバブルを発生させることができる『SPG膜スパージャー※』の技術を融合させた、今までにない新しい動物細胞培養用バイオリアクターです。 SPG膜スパージャーによる効率的な酸素供給により、培養槽内の動物細胞にストレスを与えることなく効率的に酸素を供給できます。また、DO通気流量の低減により泡沫層を抑制します。
専用コントローラ『S-BOX×10αⅡ』により、DO、pHの制御が可能です。また、アナログ出力をデータロガーに入力し、記録することができます。

※SPG膜スパージャーは、宮崎県⼯業技術センターと⽇揮(株)の共同開発品です。


再生医療/iPS創薬生産・剪断耐性の低い細胞
VMF-WSUB Reactor/TCS Controller

再生医療/iPS創薬生産・剪断耐性の低い細胞 VMF-WSUB Reactor/TCS Controller

再生医療におけるiPS細胞等を、3D浮遊未分化培養で用いる際、いかに効率よく培地交換を行うかが重要となります。培地交換のために培養装置を止めることで、細胞は培養槽内底部に沈降し、その場で任意にくっつき合う性質を持っています。これにより、細胞塊(スフェア径)にばらつきが生じ、分化誘導効率面で悪影響を及ぼす場合があります。
また、分化誘導を目的とした場合、シングルセルを培地とともに排出し、培養槽内に留めない様工夫する必要があり、これらの要求を満足させるためには、目詰まりを起こすことなく、長期間安定して培地排出を実現しなければなりません。
また、この培地交換を連続的に精度よく行うための制御システムが重要となります。
VMF-WSUB/TCSシステムは、これを実現しました。実生産に対応可能なスペックで仕上げています。


シングルユースバイオリアクター
VMF 50L/200L-SUB

シングルユースバイオリアクター VMF 50L/200L-SUB

VMF50L/200L-SUBは、商業生産用のシングルユースバイオリアクターで、50L~200L(最大1000Lまで開発予定)をラインナップしております。シングルユースバイオリアクターは500mLから10Lまでは卓上型ですが、50L以上に適応するVMF50L/200L-SUBは自立型となります。標準VMFリアクターシリーズの最大モデルでもあり、他のリアクターでは前例のない500mLからの完全スケールアップを実現させた商用生産機となります。
※卓上型についてはVMF Reactorをご覧ください。
制御装置『S-BOX×200』が標準で付属しており、DO、pH、温度、バッグ内圧力等一連の制御に加え、4連埋込ポンプ、内臓専用ディジタルデータロガー、サタケデータロガーソフトウェア培養装置データ収集システム” などを備えております。
また、コンピュータ化システムバリデーション(CSV)にも対応しており、設計時適格性確認(DQ)、据付時適格性確認(IQ)、運転時適格性確認(OQ)におけるドキュメントを提供します。
顧客要求仕様書(URS)の作成に慣れていないお客様へのサポートも実施しております。滅菌バリデーションに対応した、国産シングルユースバッグとして、小ロット・ジャストインタイムでの供給をお約束します。
お客様の商用生産で求められる、あらゆる要求にお応えいたします。是非とも、ご相談下さい。


3D浮遊iPS細胞分化誘導培養装置
HiD 4×4 Reactor

3D浮遊iPS細胞分化誘導培養装置 HiD 4×4 Reactor

HiD 4×4は、世界初のiPS細胞分化誘導専用「シングルユース3D浮遊培養撹拌装置」です。再生医療はもとより、産業化・商業生産を目指す「ヒトiPS細胞の創薬利用」において、均一かつ均質なiPS細胞の大量生産を実現する培養装置は必要不可欠と言えます。国内の優れた研究機関/企業との共同研究・開発を進め、世界に先駆けてiPS細胞分化誘導培養装置の製品化に至りました。本装置は、4連、8連、12連、16連(それ以上も可)での連結制御が可能で、スクリーニングにも最適です。また、ES細胞への適応も視野に入れた開発を進めております。
専用コントローラ『S-BOX×02』により、PI制御を含む各種パラメーターの変更・目的に応じた生産制御が可能です。