採用情報
Recruit

採用情報

仕事紹介

サタケで働くすべてのスタッフがそれぞれプロとして責任を持つことで、常に新しい技術・製品が生み出されています。そんなサタケで働くスタッフの仕事の一部をご紹介いたします。

技術部

技術部

氏名:武井 翔太
入社年度:2013年
出身学部:工学部応用化学・生命工学科

技術部

私は技術部で撹拌機の設計業務に携わっています。
販売部がお客様と決定した仕様に基づいて設計図面を作成し、部品発注・機械加工・組立を行う製造部に指示することが主な仕事です。
また、詳細設計をするときには機械的強度の検討等でリスクを排除し、お客様に安心・安全に使用していただけるための重要な役割を担っています。現場の方が安全に加工・組立しやすく、何よりもお客様が安全・安心して使用できる撹拌機を設計することを第一に考えて仕事をしています。
自分が担当した撹拌機が実際に使用され、お客様や世間に役立っているんだと思うと、日々のモチベーションが高まります。
直接お客様と接する機会は多くはありませんが、製作する製品に関しては現場の方が厳しくチェックをしてくれますし、部署内でも色々と相談に乗ってくれますので非常に働きやすい職場です。

東日本販売サービス部 販売技術チーム

東日本販売サービス部
販売技術チーム

氏名:正木 唯
入社年度 : 2011年
出身学部:工学部物質工学科

東日本販売サービス部 販売技術チーム

私は販売部で撹拌機の仕様を決める仕事をしています。
混ざる撹拌機は勿論のこと、お客様のニーズに合った機械的な構造の検討や運用を見据えた設備の提案など、プロセス全体を見渡し「本当に満足いただける撹拌機」をお客様に紹介することが主な業務です。
また、デスクワークだけでなく、実際の撹拌テストも行っており、お客様と共に1から撹拌機を築き上げていく業務もしています。 サタケの撹拌機は幅広い分野で使われており、日々の生活の中でも、製造に関わった製品を良く見かけます。日本の産業の一端を支えていることを日常的に感じられるのもサタケで働く魅力のひとつですね。
撹拌は産業に欠かせない大切な技術です。撹拌のトップを走り続けるサタケで、今後も日本に留まらず、世界の産業を共に支えていく仲間をお待ちしています。

撹拌技術研究所

撹拌技術研究所

氏名:後藤 尚文
入社年度 : 2010年
出身学部:工学部応用科学科

撹拌技術研究所

学生時代の研究室の花見イベントで、偶然現在の上司である先輩が来ていました。その先輩はお酒の入っている紙コップを割りばしで グルグルとかき混ぜて、「これでは全体がそのまま回転しているだけで、混ざっているとは言えない。」と説明してくれました。この時「混ぜる」ということの奥深さを感じ、入社の決め手となりました。
私は撹拌技術研究所でお客様との共同研究開発・装置開発の仕事をしています。実験段階のトライアンドエラーによる試行錯誤を繰り返し、適切な撹拌機をお客様に提案、実プロセスへの反映と多岐に渡る知識が求められる難しい仕事ですが、上司や先輩方から色々と教えてもらい、サタケの持つ撹拌の知識の豊富さ、解析技術の高さに驚かされました。中でも私が一番心を動かされたのは、常に新しい技術の情報を取り入れ、最先端の撹拌装置の開発に挑戦していくという姿勢でした。私はそんな撹拌機メーカーのトップを走り続ける企業の研究員になれたことに非常に誇りを感じています。

リクナビダイレクト